決定的な証拠見つけます!浮気エージェント

浮気の決定的な証拠があれば離婚調停でとても有利に事が運びます。 - 浮気の確固たる証拠を集める

浮気の確固たる証拠を集める

配偶者が浮気している、と思っただけ。怪しいと思っているだけでは意味がありません。
例えば、誰か知らない女性と一緒に居たというだけでは、浮気にはならないので注意。
また、それが、誰かから伝え聞いた伝聞調の話となれば、なおのこと、浮気とは言えない。
つまり、浮気が浮気となるには、証拠が必要になってくるのです。
出来れば明確に浮気となる、どんな第三者が見ても浮気であると判断できる証拠が必要です。
これが無ければ、離婚も出来なければ、慰謝料の請求も出来ない、そう考えておきましょう。
では、どんなものが浮気の証拠となるのか。すこしだけ、解説していきましょう。
まずは、メールや電話。
浮気相手との怪しい連絡をしていないか。その類の連絡文書は全部、証拠になります。
ちょっと調子に乗っているような人だと、自分の性器を写した写真を送ったりするので、意外にわかります。
次に、車とクレジットカード。
クレジットカードは、全部の使用履歴が分かります。つまり、使用した場所を辿れば、もしかしたら。
もしかしたら、一人で行くような場所ではない場所があるかもしれません。それは車も同じです。
そして、最後に、一番手っ取り早いのは、写真。
要は、配偶者と浮気相手、それが二人で並んで、浮気している現場をばっちり写真に収めてしまう。
それで、その写真は浮気しているという、十分な証拠になるので、裁判などでも通用します。
さて、怪しいと思っているだけでは、どうにもなりません。
また、怪しいと思っているだけで、離婚することは出来ませんので、注意しましょう。
何かアクションを起こすなら、証拠を集めることから始めましょう。

決定的な証拠と扱われるものは写真や動画

状況証拠は、あくまでも、更なる証拠や証言を引き出す程度のもの。
実際に、決定的な証拠と扱われるものは、写真や動画なのです。これがあれば十分。
寧ろ、これがあれば、十分に相手に浮気を認めさせることが出来ます。
では、どうして写真が重要なのか。言ってしまえば、写真は言い逃れが出来ないからです。
メールやクレジットの履歴は、所詮、メールしていた、カードを使っていたという程度のもの。
しかし、浮気相手とラブホテルに入っていくシーンをおさめた写真ならば、どうでしょうか。
流石に、これでは言い訳が難しいでしょう。だからこそ、この写真の存在が、有力なのです。
とはいえ、最近写真の加工技術も進んできましたから、専門のソフトさえ使えば、素人でも写真の加工は簡単
捏造かどうかは判断できますが、しかし、捏造でないという証拠も難しい。特に、デジタル写真はなおこのことです。
そこで、動画も併用すると効果的です。写真と違って、動画の捏造・加工は素人には難しいのです。
捏造云々ということは、難しいことですから、だからこそ、証拠として通用するのです。
出来るだけ、相手が言い逃れをしにくい証拠。それが写真や、動画なのです。
勿論、言い逃れが出来ない証拠であれば、写真でなくても構いません。
特に、子供が居る場合、DNA鑑定という科学的な処置を行うことも可能。
子供のDNAから、夫のDNAが検出されなければ、妻の浮気が確定します。